京都パン日和

京都のパン屋紹介ブログ

年齢は関係ない!30代や40代でもパン職人になる方法

こんにちは。

元製パン専門学校卒でパン職人のアツと申します。

 

たまにはパン屋紹介以外の記事も書いてみようと思います。

 

今回は30代や40代でもパン職人になれる方法を解説いたします。

年齢を理由に「自分には厳しいかな?」と諦めていませんか?

 

結論から言いますが30代や40代でもパン職人になれます。

年齢は関係ありません。

また、必要な技術や資格もありません

あったらいいな~です。

 

基本的にはやる気と行動力があれば大丈夫です。

それでは解説を始めていきます。

パン職人になるのに年齢が関係ない大きな理由

パン職人になるのに年齢が関係ない大きな理由

パン職人になるために年齢が関係ありません。理由は一つです。

  • 業界は人手不足

パン屋さんは常に人手不足です。

よって若年層に限らず、30代以上の人材を募集しているお店も多々あるので、就職転職に不安を感じることはないでしょう。

何歳になっても挑戦できる、それがパン屋さんです。

では、求人の探し方を解説しますね。

30代や40代がパン職人になるための求人探しのポイント

パン職人になるにはまず求人募集しているところを探そう

30代や40代でパン職人を目指す方は大体の人が「業界未経験」だと思います。

未経験でパン職人になるなら、まずは未経験でも応募できる求人を探すところからスタートしましょう。

求人を探す際に指定する条件は下記3つをオススメします。

  • 経験不問
  • 年齢不問
  • 雇用形態:正社員(契約社員

3つの条件を設定して、ネット求人で検索してみましょう。

よほどの田舎でない限り求人があるはずです。

お店の前に貼紙で募集しているお店もありますので、気になるお店があったらチェックしてみるのもアリです。

では次に応募後の対策です。

応募して面接が決まったら履歴書を準備しよう

さぁ面接の日程が決まったら履歴書の準備と面接対策です。

履歴書はPCで作成した物で大丈夫🙆

内容は素直に書きましょう。

【履歴書の志望理由例】

私は昔からパン職人になることに憧れていました。

パンづくりには芸術性があり、その創造的なプロセスに惹かれています。

生地のこねりから焼き上げまでの工程で、自分の手で素材を扱い、それが美味しいパンに変わる様子が大好きです。

未経験者ですが、これから努力と学びを通じて、パン職人としてのスキルを磨き、お客様に美味しいパンと共に幸せな時間を提供できる存在になりたいと考えています。

よろしくお願いします。

あくまで例なので応募するお店の特徴を付け加えると良いです。

 

次に面接対策ですが、まずは履歴書と同様に自分がどれだけパンが好きか、パン職人になりたいかをアピールすればokです。

そして、「なぜうちのお店を選んだか?」の質問に回答するために、予めお店に客として行くのがベストでしょう。

  • お店の雰囲気
  • 素材のこだわり
  • 特定のジャンルに特化している

上記で挙げたポイントは例です、応募する以上相応の理由は用意しましょう。

実務経験を求められる求人に応募するには

求人検索をしていてこんな気持ちになったことはありませんか?

「良い会社を見つけた!でも・・でも実務経験者のみで応募できない」

完全に経験者限定している求人は残念ながら無理です。

しかし諦めないでください、中にはこういった求人もあります。

実務経験を求められる求人に応募するには



とあるパン屋の募集要項です。

※経験が無くてもパン製造に挑戦したい!という熱い気持ちのある方は未経験でも大歓迎!

こういった求人を見つけたら迷わず挑戦してみましょう、十分に可能性はあります。

 

また、社会人向けの学校でパン製造の経験を積むという方法もあります。

学校ですので丁寧に本格的な技術を教えてもらえます。

しかも現在の職場に通いながら学べるので、少し時間とお金はかかりますが「経験」と「自信」を持った状態で挑むことが可能となります。

採用される確率は未経験よりずっと上がるでしょう。

挑戦する前にパン屋さんの労働環境を把握しておこう

挑戦する前にパン屋さんの労働環境を把握しておこう

働いたことの無い業界は分かりませんよね。

パン屋さんの労働環境を3つに分けて解説いたします。

  • 待遇はピンキリ
  • 労働開始時間が早い
  • 細かい作業が多い

待遇はお店によりピンキリ

パン屋さんは薄利多売の商売です。

ですので給料が低かったり、賞与が出ないお店もあります。

 

30代や40代ですから、少しでも良い待遇の元で働きたいですよね。

この悩みを解決するには、大手チェーン店に就職するというのが良いでしょう。

例えば京都なら下記の会社で働くのをオススメします。

なぜなら会社がそれなりに大きく体制がしっかりとしています。

難点はポジションによってはパン職人らしい仕事ができないかもということです。

面接時に内容をよく聞いておきましょう。

勤務開始時間は早い

覚悟はできていると思いますが、パン屋は朝早くから生地を作る仕事が始まります。

私が勤めていたパン屋では3時出勤でした。

今までの仕事が昼間の業務だとギャップがありますので、苦しむ人も多いです。

業務内容は細かい作業も多い

業務内容は細かい作業も多い

紹介するのは一部ですが、指先まで使う細かい作業が多くあります。

  • 生地を均等に分割する
  • パンを特定の形にカットする
  • 具材を生地に盛り付ける
  • クリームや餡等を生地に包む

最初は不慣れで大変かもしれませんが、徐々に慣れるので安心してください。

【まとめ】30代や40代でもパン職人になれます

パン職人になることは30代や40代でも難しくありません。

業界は人手不足で年齢経験問わず幅広く人材を募集しているからです。

しっかりと自分に合う求人を探し、パン職人になりたい想いを面接で伝えることができれば必ずなれます

さぁ熱い想いがあるうちにチャレンジしてみましょう!